読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初回。

初回。

20数年生きてきたゴミみたいな人生で初めてのブログ。

 

だから、本当に初回。

そもそもブログとはなんなのかをwikipedia大先生に尋ねてみると

ブログ - Wikipedia

覚え書きや論評などを加えログ(記録)しているウェブサイトの一種であるらしいとのこと。

 

であるならば、適当なことを書いてもログが残るならそれは立派なブログらしい。

しがない一般人の他愛のない記録がインターネットに残ると考えると壮大な感じもするけれど、昔から日記や手紙が歴史的な資料として扱われていることを踏まえると昔からあることで記憶媒体が変わっただけなのだろ。

ではなぜそんなブログをそもそも実施することになったかと言えば、

twitterの上限140文字以上を呟きたいと思うことがしばしばあったからである。

 

twitterという140文字に制限されるツールを使っている以上は、そこで140文字以上の呟きをすることはできない。

逆に考えれば、140文字を超えるようなことは、twitterではないもので表現すべき事項なのだ。

あくまで個人的な考えだが、140文字いっぱいまで書いてずっと連投してつぶやくぐらいならまとめて書くべきだと考える。

 

「じゃあ、あなたが書きたいことはなんでしょうか?具体的に述べて下さい。」と就職面接官に問われたならば、

「なんとなく思ったことは適当に書きたいです。」と回答する。

面接ならば「では、ここまでで結構です。」とサヨナラされてしまうだろう。

(就職活動いわゆるシュウカツについてはまた別の機会また書きたいと思います。)

 

とりあえず、いくつか今時点で書きたいことはあるのでそれをゆっくり書いて行きたいと思います。